行事案内

2017年9月7日 14時27分44秒 (Thu)

第37回質実剛健講座開催のご案内

9月の「質実剛健講座」のテーマは環境問題です。講師は公害、環境問題に長くかかわって来られた平石尹彦氏にお願いしました。ケニア大使館での環境・技術協力担当や国連環境計画(UNEP)での職務などを通じ、外から日本を見る機会が多かった経験に基づく視点から環境問題を取り上げていただきます。

日本では深刻な公害問題を抱えた時代がありましたが、多大な努力の結果何とか解決してきました。公害問題解決の先進国というポジションを保った時代がありましたが今ではその輝きが薄れている感があります。
 
環境問題、地球温暖化は人類が直面する最大の問題の一つと言われながら世界での環境問題への取り組み方はちぐはぐになり足並みもそろわないという状況に陥っています。何故こんな事態になってしまったのか。この状況から抜け出すためには何が必要なのか。質実剛健講座で取り上げるには身分不相応な大きな問題かもしれませんが我々が住む環境を見据え我々の住む地球の将来の問題を考えてみましょう。

平石尹彦氏は昭和37年開成高校卒。昭和43年、東京大学修士(工業化学)、労働省に入省。内閣公害対策本部を経て環境庁へ。公害対策の諸分野で勤務。1975年ケニア大使館で環境・技術協力担当、OECD事務局環境局化学品部でパリ勤務。環境庁水質保全局勤務を経て、1989年から国連環境計画(UNEP)事務局(ナイロビ)へ。UNEP勤務中に環境庁退職、1998年UNEP退職。その後地球環境戦略研究機関(IGES)、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)ビューロー委員など。2017年現在、IGES参与、日本UNEP協会顧問。

【特記事項】2007年には同氏がビューローメンバーを務めていたIPCCが、人為的な気候変動に関する知識を確立し、かかる気候変動に対処するための対策の基盤を設立した努力に対し、ノーベル平和賞を授与されました。個人の受賞ではないが日本人としても誇るべき受賞であります。
 
講演終了後には講師と食事歓談を楽しんでいただきます。会場の都合で席数に制約があります。ご予約はこのメールアドレスまたは電話でお受けしますのでご連絡お願いします。

演 題: 環境問題を広い視点で考える ―「公害」から「地球温暖化」まで ―

講 師: 平石尹彦(ひらいしたかひこ) 日本UNEP協会顧問
 
日 時: 平成29年9月20日(水) 18時開場、19〜20時講演、 講演終了後食事・歓談
 
場 所: 中央区新川2−17−13 香取鮨 2階 (電話: 03-3551-4895)
 
参加費: 3500円(税込)食事付  ※飲物別料金
 
お問合せ:
電話 090−2628−1702
e-mail: k37gyhirai@bell.ocn.ne.jp
平井 寛 (昭和37年卒)

この記事にコメントを書く










表示されている文字を入力してください
認証コード

プロフィール

プロフィール画像
連絡先
開成会事務局
郵便番号
〒116−0013
住所
東京都荒川区西日暮里4−2−4
TEL
03-3822-0396
FAX
03-3822-0396
開所時間
月曜〜金曜
10:00〜16:00
土・日・祝祭日は休日です

開成会からのお知らせ

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

行事案内

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

会合さまざま

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

開成会コラム

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

開成学園情報(会員のみ)

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数